耳鼻咽喉科でお鼻や喉のトラブルを解決

花粉症の基礎知識

春や秋になると、鼻がムズムズしてくるという人も多いことでしょう。
そんな皆さんを悩ませる花粉症ですが、実際のところどのくらい花粉症についてご存知でしょうか?
市販の薬を飲んでいるから大丈夫と思っている方は要注意です。
 
花粉症の症状がさらに悪化しないためにも、花粉症の基礎知識を蓄えておきましょう。

 

 

花粉症とは、その名の通り花粉に対して身体が反応し、鼻水や痒みなどを催す症状のことをいいます。
花粉症とは俗称で、季節性アレルギー性鼻炎というのが正式名称です。
一年中花粉を飛ばす抑物はありませんから、春や秋といった限られた時期にだけ発症します。
アレルギーとは身体が特定の物質に示す過剰反応のことです。
私たちの身体には免疫機能があり、体外から入ってきた物質に対して反応を示します。
アレルギー物質、いわゆるアレルゲンが体内に入ると身体はそのことを知らせるために
痒みや湿疹といった症状を表すのです。
花粉症のアレルゲンは花粉ですから、
花粉症の症状を引き起こさないためには花粉が体内に入らないようにする必要があります。
マスクや花粉症対策メガネはもちろんのこと、衣服に付いた花粉にも要注意です。
ニットやフェルトといった材質の衣服は、空気中のゴミや埃が表面に付着しやすくなっています。
屋内に入っても花粉症の症状が治まらないという人は、衣服に付いた花粉の影響かもしれません。
お家に帰ったら玄関先で衣服の表面の埃を落とす、
花粉が麩訳しにくい衣服で出掛けるといった対策が欠かせません。
あまりにも花粉症の症状がひどいという人は、市販薬で済ませるのではなくお近くの耳鼻咽喉科へお越しください。

花粉症の季節と花粉の種類

皆さんを悩ます花粉症は季節性アレルギー性鼻炎といって、特定の季節にしか発生しません。
しかし、鼻詰まりや目の痒みは非常に辛いものがありますから、症状が出る前に対策を施しておきたいところです。
今回は、花粉の季節ごとの飛散分布や見落としがちな花粉症の原因について見ていきましょう。

 

 

春の花粉症の代表例といえば杉です。
杉は日本中に植えられていますから、なるべく樹木の少ないところを歩き、
早めにマスクや眼鏡、花粉症予防の薬を飲んでおきましょう。
ただし、春の花粉は杉だけではありません。
ハンノキやヒノキといった植物は、杉と同様の期間に花粉を飛散させます。
ブナ科の植物であるブナやコナラ、クヌギといった植物は初夏にかけても飛散することがあるので注意が必要です。
こういった植物が近くに植えられているときは、花粉症になる可能性があることを注意しておきましょう。
夏の花粉症を引き起こすものとしてはハルガヤやオオアワガエリ、カモガヤといった植物が挙げられます。
これ以外にも、イネ科の植物は7月から10月にかけて花粉を飛ばしていることを覚えておいてください。
秋には再び杉が花粉をまき散らしますが、それ以外にもヨモギやブタクサ、カナムグラといった植物にも注意しましょう。
花粉は私たちの気が付かないルートから身体に侵入することがあります。
例えば、ご家族の一員であるペットです。
お家の外にペットを出す機会があるという人は、ペットの毛に付着した花粉によって花粉症が引き起こされるかもしれません。
窓を開け閉めしたとき、外から入った花粉がサッシに挟まっていることがあります。
ペットをこまめにブラッシングする、窓枠をこまめに掃除するといった方法で、お家の中に花粉を持ち込まないようにしましょう。
自分がどの花粉で花粉症になっているかわからないという人は、

お近くの耳鼻咽喉科で検査してもらうことをおすすめします。
 

更新履歴