バイク乗りが身につけておきたいテクニック

バイクに乗る以上、楽しくライドしたいと考える人は多いでしょう。

 

もちろん中には交通手段としての価値以上のものを見出さない、あるいはその必要を感じないという人もいるとは思いますが、バイクが好きで、自分なりのこだわりを持ってバイクを購入したという人であれば、おそらくそのすべての人が、「楽しくライドしたい」という意識で頭の中はいっぱいになるでしょう。

 

 あこがれのバイクを購入した当初であれば、自分が好きなバイクを買ったことに対する満足と、これに乗ることができることに対する満足とで、それだけでもう楽しくて仕方がないということになるかもしれませんが、しかし時間とともに、徐々にそうした感動にも慣れてきて、「さらなる感動」を欲するのがほんとうのバイク乗りでしょう。

 

 そんなタイミングで自分に足りないと感じるのが、「バイクのテクニック」です。
もちろん一般道で必要なテクニックもありますし、サーキットのようなところで楽しみたいという人であれば、バイクのテクニックは絶対に必要不可欠ということになります。
 バイクのテクニックにも非常にいろいろな種類がありますので、それらを一度にマスターすることは無理であっても、徐々にそうしたライディングテクニックを身につけることで、ライディングの楽しさも徐々に増してくるものです。

 

 ですから、楽しいライディングを実践することは非常に地道なことでもあると言えるわけです。
とは言え、それをクリアしないと、ほんとうに楽しいライディングを実践することができないということにもなるのです。

安全なブレーキング

 バイクを楽しく乗りこなすためには、それなりにバイクのライディングテクニックが必要になることは言うまでもありませんが、やはり安全面を考慮しなければ、「楽しくライドする」というコンセプトも台無しになってしまうと言えるでしょう。
ここでは、バイクの安全なブレーキングについてお話したいと思います。

 

 もちろん一般的なバイクやスクーターなどではそれほどブレーキングに気をつかう必要はないと言えますが、しかし、スポーツタイプのバイクになると、一般的なバイクに比べると、かなりブレーキのききが急激になるケースが多いため、ブレーキングには注意が必要になります。

 

 スポーツタイプのバイクの場合、そもそもスピードが出やすい傾向があるため、どうしてもブレーキも遊びが少なくかなり強烈な効力を発揮するわけですが、しかし、もしそれを普通のバイクのつもりでブレーキングしてしまうと、前のめりにつんのめってしまうことになります。
ですから、危険回避を目的としたブレーキングの際にも、ほとんど無意識に近いレベルの「注意」が必要になるのが、スポーツタイプのバイクのブレーキングの特徴です。特に、グリップとリリースのタイミングが大切で、スピードが出ているときにはその操作が非常に難しくなることは言うまでもありません。

 

 また、コーナリングの際には、グリップとリリースを交互に繰り返すことが必要になる場合があるので、カーブなどではそのあたりに常に神経を注ぐ必要があるわけです。ただし、ブレーキングに関しては、バイクによって個性があるため、一概に言えるものではありません。

更新履歴