花粉症の治療方法とは

花粉症の治療方法とは

花粉症が辛いけれど、市販のお薬を飲んでいるから大丈夫という人はいませんか?
確かに市販のお薬でも症状をある程度緩和することは出来ますが、あくまで対症療法としての効果しかありません。
花粉症を根本的に解消したいのであれば、やはり耳鼻咽喉科で治療してもらうべきなのです。
実際にどのような治療をしているのかわからないから病院に行きにくいという人のために、
今回は、耳鼻咽喉科での花粉症治療の方法について見ていきましょう。
 

 

 

花粉症の治療のために耳鼻咽喉科を訪れると、
最初に鼻水の状態のチェックや血液検査、鼻の粘膜の視診が行われます。
こうした検査を踏まえたうえで、医師と相談しながら治療方法を決めるのです。
治療法の1つは、花粉症を発生させる化学物質の働きを抑える薬を投薬するというものです。
花粉が鼻や耳に付着したとしても、この薬を投薬し続けることでアレルギー反応が起きにくくなります。
数週間ほどかかりますが、症状は格段に良くなるのです。
スギ花粉症の方は、舌下治療という方法を試すことも出来ます。
舌にスギ花粉のエキスを少量垂らし、
免疫反応、いわゆるアレルギー反応に身体を慣らし、抵抗力を身体に付けさせる治療方法です。
スギ花粉が直接鼻や目についても発症しなくなるまで続けていけば、花粉症は改善します。
ただし、重度の花粉症の方は受けられないという点に注意しましょう。
鼻の粘膜をレーザーで除去する治療も存在します。
粘膜全てを取り除くのではなく、面積を減らすことで花粉症の発祥を抑えようというのが狙いです。
ただし、粘膜は徐々に再生していきますから1年ほど経つと再び花粉症を発症することがあります。
ご自身の花粉症の状態や体質に合わせて、耳鼻咽喉科で適切な治療に臨みましょう。