口腔アレルギー症候群とは

口腔アレルギー症候群とは

野菜や果物といった植物を口に入れた際、お口や喉がヒリヒリしたことがあるという人はいませんか?
少しヒリヒリするだけだから問題ないと考えるのは危険です。
その症状は口腔アレルギー症候群と呼ばれるもので、
最悪の場合アナフィラキシーショックのような命に関わる疾患に繋がります。
口腔アレルギー症候群とは、特定の農作物を食べた際に、アレルギー反応を引き起こす症状です。
花粉症の場合は目や鼻に花粉が付着しますが、口腔アレルギー症候群の場合は
口からアレルゲンが侵入するためアレルギー反応も強くなりやすいのです。
特定の植物というのは、リンゴを代表としたバラ科の植物やトマトなどのウリ科の植物です。
こうした植物は花粉症を引き起こすアレルギー物質と似たような性質を持っているため、
花粉症の人ほど口腔アレルギー症候群が発症しやすいといわれています。
ブナ科やバラ科の植物に対して花粉症の症状を発症するという人は、同じ科の植物を食べる際に注意する必要があります。
この他にも、シラカバやオオヤシャブシ、スギ花粉症の人も口腔アレルギー症候群にかかる可能性を否定出来ません。
口や喉がヒリヒリするだけなら症状は軽い方です。
蕁麻疹やぜんそくに似た発作を発症すると、命に関わることも少なくありません。
口腔アレルギー症候群を予防するには、自分が花粉症でないかどうかを知っておくのが近道です。
花粉症の症状を発症していなくても、

アレルギー体質であることが原因で口腔アレルギー症候群になってしまうこともありますから、
耳鼻咽喉科でアレルギーテストを受けてみましょう。
現在花粉症でないという人も、花粉症になるべくかからないような対策をしておくことで口腔アレルギー症候群対策になるのです。